Category Archives: ログ

腎臓病には食事制限とサポートサプリとしてクレアギニンEXがベストな選択だ

腎臓病が徐々に進展してくると腎不全へと推移します。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎臓の機能が回復する可能性があります。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大切です。一日に6g未満が、クレアギニンEX摂取量としては適切とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品を選びましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。薄味でもおいしく食べることが可能です。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して頂戴。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。開業医さんでご飯指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を分析できます。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、クレアギニンEXの摂取と排泄のバランスを保つために必要に応じてクレアギニンEXの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的なクレアギニンEXは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物に比べてそのものに含まれたクレアギニンEXの量が圧倒的に多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合には高クレアギニンEX血症に罹患するリスクが高まります。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまで色々ですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能になります。けれども、ある腎臓病については自分ではなかなかわからなかったりするので、予防がなかなか難しいのも現実です。尿に違和感があった際には、医療機関を受診しましょう。CKDの治療において薬物治療とご飯療法は重要で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切です。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、高血圧治療を容易にするにはクレアギニンEXがふさわしく、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。腎臓の機能は一度失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、病態の回復までとはいかずとも、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずいくつもの選択肢が用意してあるので、各々の条件に適した治療を見つけることが可能です。腎臓の形はというとソラマメに似ていてぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く存在している場所でもあるのです。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素といったものを尿と共に体外へ排出します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を作るクレアギニンEXや血圧調整、骨の成長段階に必要なクレアギニンEXを創り出すなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒腎臓病クレアギニンEX

腎臓病の宅配弁当は冷凍でとても扱いやすい!

水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。ご飯によって獲得したたんぱく質は、人体の代謝機能によりカロリーに移行しますが、一定値は老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)に変わり血液中に残留します。血液は腎臓でろ過され、老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、たいへん重要な働きを私たちの体の中で行っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、毎日のご飯や生活習慣を改善することの方が大切です。 腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)を患った方が行なうご飯療法のポイントは、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)の進行ペースを遅く指せる事と、健康体のキープとされます。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法を手掛ける事で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は大きな意味をもちます。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準となる体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準となる体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいだと言えます。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんでご飯指導をうけられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいだと言えます。肉や魚その他卵や豆腐はすごくな量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつは小豆や牛乳・卵を活用してつくられているので、カロリー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質が含有されています。慢性腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。濃縮加工した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもふくまれているカリウムが、ミスなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大切です。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠なので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物(二酸化炭素や尿素、無機塩など、色々なものがあります)に変わるため、排泄の際に多少なりに腎臓に負荷が生じます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で現すと30~40g程になります。管理人のお世話になってるサイト⇒腎臓病食宅配ランキング